So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

紹介先 そして精密検査開始

私自身も近くの大学病院に問い合わせましたが、現在、首の腫瘍に詳しい先生はいないとのこと。この段階で、車、または電車で60分かかりますが、妻の実家に近いK病院と決めていました、、、。

夕方、主治医からは、もっと近いT病院がいいのでは とのこと。先生、ご自身も以前脊椎の治療でかかったことのある病院と先生とのことです。

我々の業界ではやはり自分自身がかかりたい、またはかかっていた先生が一番信頼できるんですよね。相性もあるからということで、一度お邪魔することにしました。

T病院、外来初診当日、
午前中、子供のために昼ご飯を作ってから病院へ。車で30分もかからず着いたものの駐車場が大渋滞。予約の40分前に受付を済ませるよう指示があったものの遅れてしまいました。

それでも、予約重視なのか窓口を済ませるとあっという間に呼ばれ、診察室へ。アプリのゲームをダウンロードして、待つ覚悟をしていたものの予約どおりに進みびっくり。

そして、診察へ。

担当の主治医の先生の第一印象は、少し太り気味の恐持て。しばらく説明が始まりました。脊柱管の中の腫瘍が原因と思っていたのですが、先生からはそこではないと指摘、もっと横の枝葉の腫瘍が原因と言われました。説明を聞いていくと悪くなっているように感じ、血の気が下がったのを覚えています。

一通り説明が終了。先生から

「 さて、ここでどうするか? 」

と治療方法の説明開始。

今度は、肩の痛みの原因の枝葉の腫瘍は取らず、本管の中の腫瘍を切り、経過観察しようとのこと。症状がでれば首の横からアプローチすればいいと説明を受けました。

首の後ろから骨を三分割して腫瘍摘出、その後分割した骨を戻しプレートで固定。可能な限り枝葉もアプローチしてみるそうです。

オペで一番気になるのは、麻痺感。今のところ麻痺が出ていないので悪くなることはないそうです。また、次の日からたたき起こすので動いてくださいとのこと。食事やトイレは自立してくださいと言われました。お風呂は少し制限があるそうです。

このあたりが不自由になると生きてる感じがしないですからね。大きな心配事が消えました。

さらに、血液検査、CT、造影MRIが必要。今日は最初の二つを行い終了。

とこで、なぜ一回ですべて腫瘍を摘出しないのか、もちろん一回で骨を除去して、プレートでつなぐ方法もあるそうですが、負担が大きいいため、ここでは、なるべく自分の骨を残し腫瘍も残し経過観察を推奨しているみたいです。
早く自宅療養、現場復帰したいですからね。 毎年、あの辛いMRI検査が必要のようですが、、、。

終わってみるとすっきりした感じ。新しい主治医を紹介されてました。以後は、このお二人に診てもらうことになるそうです。
診察を受けてから3日後の日曜日、休みの日にも関わらず主治医(執刀医)の先生から電話が入りました。

本当はクリスマスイブの受診日に手術日決定の予定でしたが、こちらの都合を考え早めに連絡をいただけました。

先生方の誠意を感じる電話でした。

先生の見解では、月曜日のオペで前の週の水曜日から検査入院、土日は外泊可とのこと。また、オペ後は2週間くらい入院の予定だが、調子が良ければ早めに退院、または自宅療養し、首の固定で制限はあるが仕事もできるかも とのこと。

だいぶ状況が分かってきました。とにかく子供のために退院はできなくとも自宅療養ができそうなのはありがたいです。

そういえば最近、肩の痛みが減りました。主治医からはもう少しで痛くなくなると説明を受けていました。その後、しばらくしてから全身に症状が出てきて手遅れとなる方が多いとのこと。早めに見つかって良かったです。(続く)

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

患者1101号

突然のことでただただ驚いています。オペも済み今は経過観察中でしょうか?早めに気付けたようで本当に良かったと思います。ゆっくり焦らず復帰へ向けて療養して下さい。私も先生と同年代なのですが四十過ぎてからはあちこちお世話になることが増えてまいりました。健康の素晴らしさが身に沁みますね。先生、頑張って下さい!私の奥歯はこれからも先生に診てもらいたいのでのんびり復帰を待ちます。
by 患者1101号 (2016-03-10 22:35) 

ぱんだ院長

患者1101号様
まだ、指先に麻痺が残り制限はあるものの治療も再開することができました。ここまでの回復力は若さもありますが、出会った方たちの素晴らしさが大きな要因と思います。あともう一つ、忘れてはならないのが、1101号さんのようなたくさんの方からの励ましです。これらのおかげで寝ながらも手足を動かしリハビリに専念してきました。本当に、ありがとうございます。また、お困りの時にはお手伝いをさせてくださいね。

by ぱんだ院長 (2016-04-15 17:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。