So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

術後1年検診

1年前、N病院へ入院しました。術前検査を含めた入院です。以前のブログと重複するかもしれませんが、左肩痛がひどく、どんな体勢にしても痛み、それも激痛が消えず、夜中、ずっともがいたのを思い出します。痛み止めを飲み数時間、効いているうちに眠る、、、。

そんな日々を繰り返していたんですよね。その痛みは、今は、まったくありません。

術後、想定外の全身麻痺が起こり、リハビリを1か月行い、予想以上に回復。

順調に来ていましたが、あるところから回復が感じられず、一進一退と言ったところでしょうか。

肩から腕、手の平までは良い感じなのですが、肝心の指先の麻痺感が消えません。歯科治療も含め、すべて意識の集中が必要なんです。

例えば、ボールをまっすぐ投げられず右に反れます。なので、目標物の左寄りを狙って投げます。平均台や白線の上を歩けません。足の指先の麻痺の影響でしょうか。本やノートなど紙をめくるのも一苦労です。

まあ、それでもあの眠れない痛みではないので、ポジュティブに考えています。食欲も戻り、見た目も健康そうなので今は、これでいいと考えています。

さて、一年後の検診結果ですが、髄腔内の腫瘍は完全摘出されていますが、その上方に白色病変あり。術後から観察されていたのですが、鮮明になってきました。主治医からは、一種の血管梗塞だろうとのこと。

すかさず、「 血栓がどこかに飛んで、別の臓器が壊死することはないでしょうか? 」

と生意気にも聞きました。

「 脊髄の血管はそんなものではない 」

と一応、否定されましたが、、、。

あとは、「 再手術は? 」

と聞くと、

「 その予定はない 」

と回答を頂きました。

ただ、半年ごとの検診と1年ごとのMRIが必須とのこと。

最後に障害者手帳、申請について聞きました。

今のところ6級相当だそうです。

これが有利になるのかは自治体に聞いてみるのがいいそうです。

今度、市へ行ってみようと思いますが、あまり、意味がないとも言われました。

気候なのか、湿度なのか、気温なのか、調子が悪くなることがあります。

大事に至らなければいいのですが、、、。

少し不安の残る1年検診でした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。