So-net無料ブログ作成

歯周病と抗生物質(抗菌剤)

皆さんもよくご存知と思いますが、歯周病(歯槽膿漏)は


ポケットの中の汚れが原因


です。



この汚れを長時間放置すると歯ぐきが腫れて、歯を支える骨を溶かします。


この歯を支える骨を溶かす前に処置をすれば、大丈夫です。



細かい説明は割愛しますが、ポケットの汚れが原因の炎症を治すには、


機械的除去


が何よりの治療方法だと思います。



機械的除去には、


皆様ご自身のハミガキ と

歯科医院に来ての専門的除去

の二つがあります。


ここまでは皆さんもご存知でしょう。


今日は、皆様ができることをお知らせと言うか、気づいたことがあります。


先に言ったように、歯周病治療は、何はともあれ、ポケット内の汚れを取ること。機械的除去が何よりの治療ですが、最近、感じたのが


抗生物質の服用

です。


実は、以前からこの内科的に抗生物質を使うことはありました。


一部の歯ぐきが腫れて痛くて来院した患者さんです。通常、処置をして、3日間の抗生物質を投薬するのですが、来院するのは予約の関係で1週以上先になります。


たまたま薬の効き終わる3日目に再来院しました。


腫れた箇所だけではなく他の歯肉も驚くほど改善しいるんです。少し歯周病の内科的な考え方に否定的でしたが、考えが改まりました。


ただ、


歯ぐきの中に汚れが残っていると

あっという間に再発します。


機械的に汚れを除去するのが一番!

という考え方は変わりません。

しかしながら、今後は、歯ぐきの腫れがひどい患者さんには、


徹底したブラッシング指導 と

ポケット内の歯石や汚れの除去だけではなく、

抗生物質の投薬も検討


しようと思います。


以上

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。